時間をかける贅沢。

 
今朝テレビを見ていると リニアモーターカーのニュース。
東京ー大阪間の移動時間が 今より50分も短縮されると
司会者やコメンテーターの人たちがみんな騒いでいた。

そんなに早く早く、急いで急いで目的地につくことに
なんの意味があるんだろう。
(ビジネス利用には便利かもしれないけど・・・)

しかも移動間は騒音防止のため、ほぼトンネルに囲まれているとか。

周りの景色も見えず、乗ったと思ったらもう到着。
旅情を楽しむ間もないんだろうなぁ。

時間をかけて乗り継いで「やっと着いたー!」って、気持ちいいのに。


列車でバルセロナから(マドリード経由)リスボンへの移動は 約16時間。
飛行機で行けば 約1時間半です。


私の場合、
空路でヨーロッパへ入ってしまえば、その後飛行機を使うことはありません。
列車かバスで国境を超えます。
前回も train hotel 寝台列車「ルシタニア号」で移動しました。


リスボンに近づくにつれ、町並みが変わってくるのがおもしろかった。
目的地へ近づいているという ジワジワくる興奮も、陸路ならでは。

移動の過程を楽しむのも旅、と思うのは 時代に合ってないのかなぁ。


It comments.










Letenka レテンカ                                         2015年 閉店いたしました             2016年秋 移転オープンを予定しています                                                                          

Search