2016 マカオの旅。

マカオの旅から はや2ヶ月を過ぎてしまいましたが、旅のふりかえりを。



マカオは長い間ポルトガルの統治下にあったということで
いたるところで その名残を感じることができます。

パステルカラーの建物とモザイクタイルの石畳。
ゴシック様式の建物が並び、風景はまるでヨーロッパです。
私が行った時はちょうど旧正月最後の日だったので この飾り付け。
不思議な感じでした。笑



ポルトガルで有名な「アズレージョ」と呼ばれるタイル。
マカオの街でもいろんなところで使われています。



お店の中にも。 かわいい。



標識?通りの案内看板もタイル。
これもポルトガルと同じ。( さすがに漢字ではなかったですが 笑 )




場所によって風景が変わります。こちらの路地は ザ・中国。



マカオと言えばやっぱりカジノのイメージでしょうか。
ここはまるでラスベガス!
カジノはしていませんが、ゴージャスなホテルが並んでいて
無料のショーなんかもあったりで、歩くだけでも楽しめました。

まさに一度で3国行った気分になれます。
ヨーロッパまで行く時間ないわ〜という方にオススメ。
写真好きな方にも。フォトジェニックな場所がたくさん。

オマケ・・・。

 

左/マカオ 右/リスボン(ポルトガル)
似てませんか???
なんだかパッとしない写真ですが(笑)
何気ない日常の風景が、リンクすることがたくさんありました。


マカオの旅 2016.2.29 〜 2016.3.3


::: ::: ::: ::: ​::: ::: ::: ::: ​::: ::: ::: ::: ​::: ::: ::: ::: ​::: ::: ::: ::: ​::: ::: ::: ::: ​::: ::: ::: ::: ​::: ::: ::: ::: 

私にとっては2年振りの海外旅行。

旅に出ると決まって 「余裕があっていいね」と言われるのですが
私にとって旅は、余裕があるから行くのではなく
まぁ大ゲサに言えば 生きていく上でなくてはならないもの。
「行かなければならない」ものなのです。

「海外旅行」という響きだけで聞くと
すごく華やかで スペシャルなことのように思われがちですが
お金をかける優先順位が それぞれ違っているだけであって
儲かっているわけでも、お金持ちでもありません・・・。

先週のアナザースカイ。
『 違うときの流れのなかに身をおくことで 見えてくるものがある 』

やっぱり私にとっては「NO JOURNEY NO LIFE」であって
​これからもずっと 旅し続けたいと思っています。


っと、まずは新店舗〜〜〜!!

 
Letenka レテンカ                                         2015年 閉店いたしました             2016年秋 移転オープンを予定しています                                                                          

Search