ポルトガルと言えば もうひとつ。

 
徳島県民なら切り離せない? そう「モラエス」。
大正時代に 徳島へ移り住んだポルトガル人です。

多分小学生の頃 遠足で行ったであろう モラエス館の記憶はなく・・・。
名前は聞くけど、どんな人なのかはほとんど知りませんでした。
そんな時、先日見たNHK「立木義治 ”モラエスの徳島”を撮る」。
徳島出身の写真家 立木義治さんが 
モラエスの人生や 彼の目線から見た徳島の街を辿っていく番組でした。

そして、彼の生まれた街ポルトガル・リスボンの紹介も。
( なんてタイムリー!)

ポルトガルには「ファド」という民族歌謡があります。
昔から歌い継がれてきた庶民の心の歌。
ファドには 運命や宿命といった意味があるそうです。
徳島県民なら身体の芯が反応する 阿波踊りの「ぞめき」に通じるものがあるのかな、と
勝手に親近感を感じたり。

もちろん、次の旅では 本場のファドを体験してこようと思っています!
( 先日のおはなし会に来られた方から ファドを習っていると聞きビックリ!)

何かと徳島と縁深い「ポルトガル」。
どんな街なのか、いまから楽しみで仕方ありません。



「アマリア・ロドリゲス」。
ポルトガルを代表するファドの歌手で「ファドの女王」と呼ばれているそうです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◎ 7月 残りの営業日

7/14(日)15(月/祝) 28(日)

ユーラシア大陸 最西端へ。


来週、旅に出ます。初の南欧 「スペイン・ポルトガル」へ。

同業の方のブログで
買い付け先に「ポルトガル」というのをチラホラ見かけていたので
どんなモノがあるのか 興味津々でした。
南欧独特の鮮やかな色彩は絶対自分好みだと 今から期待大です!


それと ポルトガルは「深夜特急」で主人公が旅の終わりを決意した国。
深夜特急を読んでから 私にとって「ユーラシア大陸」という響きは
旅情をかきたてる言葉になっていました。
「 ユーラシア大陸最西端へ いつか行ってみたい 」
ついに 念願叶うこととなりました。
最西端の岬へ立ち、水平線を眺めて大陸の「果て」を感じてきたいと思います。


スペインからポルトガル・リスボンまでは、寝台列車で移動。
スペインは治安の不安があるようで、少々ビビっていますが
まぁこればっかりは 行ってみないとわかりません!
現地で見て聞いて感じて体験して、その国のことを知ってきたいと思います。

今回は予算の都合上、短い期間で駆け足の旅になります。
買い付けができるかどうかわかりませんが(特にスペイン・・・)
いいモノと出会いに期待して 行って来ます!



『 ポルトガルへー。そう決めたのは太陽が東の海から昇る
 「日出づる国」ニッポンとは真逆に ポルトガルが「日沈む国」だから。
 太陽を追いかけながら西を目指し やがて辿り着くだろう
 ”果て”を見たいと思った。』 
                 = TRANSITより =

初めての北欧。


最近は ほぼフィンランド航空利用だというのに
経由するばかりで、出国することはありませんでした。

今回は初めての北欧・ヘルシンキ。

といっても、一泊だけなので
「かもめ食堂」も「アラビア工場」も行っていませんが。 



最も印象深かったのは「港町」の風景。ヨーロッパで初めての港。
港の目の前には マーケット広場の市場。




船がそのまま売店に!
地元の常連さん?と親しげに会話中のおばちゃん。
今日はコレがおすすめよ〜ってな感じ(推測)。



さすがに魚が豊富でした。
オーダーをもらって、その場でサーモンをスライス。
匂いがスゴイことで有名な にしんの缶詰もたくさん並んでいました。
( 買う勇気はなかった 笑 )

ホテルの朝食ビュッフェにも あんなに魚が並んでいたのは初めて。



民芸品・工芸品・食品など、たくさんのお店が並んでいます。
ここでも ミトン編み編みおばあちゃん。
( ヘルシンキでは買ってませんが〜 )


イッタラとマリメッコで買い物をして、ひとまず北欧を満喫(したつもり)!
駆けあし ヘルシンキでした。

翌日には すぐエストニアへ向かいます。




おばあちゃんとミトン。


  明日19日(金)は 定休日です 


エストニアとラトビアで ミトンを買ってきました。


キュートなおばあちゃん。
ミトンを並べてどれにしようかウムウム悩んでいると
「こっちの帽子がね〜」と何度もニットの帽子をオススメ。
自信作だったんでしょうね 笑。



彼女はとってもシャイ。
でも 何度も通ううちに打ち解けてくれて
私が手に取ったミトンを「それは私の母がつくったのよ」と
教えてくれました。



そして ラトビア。



中央市場の近くで編み編みしてたおばあちゃん。
ベビー用の小さなくつしたがたくさん。



オレンジのベレーとマフラーが オシャレなおばあちゃん。
とっても似合っていました。
ここではお花模様のフリンジつきミトンを買いました。


お互いの言葉はわからないのですが 
不思議なことに なんとなーく通じ合う。
笑顔は最大の「コミュニケーションツール」だと思っています。


ひとつひとつ手づくりで、大きさもまちまちです。
バルトの伝統の模様がモチーフになっています。
おばあちゃんの笑顔と一緒に、もらっていただきたいです。

 


10/20(土)から ミトンその他 冬ものの販売スタート!

20日は東雲内で夜11時まで、ミトンの販売をします。

ぜひぜひ、お気に入りを選びに来てくださいね。



買い付けの旅 2012 初秋

 
飛行機のチケットを取りました。
来月、行って来ます!

「旅には新しい国を!」がモットー。
今回お初の国は、バルト三国ならぬ バルト二国。

ヘルシンキから エストニア〜ラトビアとまわって
ドイツ3都市、そしてプラハへ。 
20日21泊の旅。
これまでの最長記録更新です!


◆◇◆◇◆◇◆◇

夏前頃から 公私でいろいろありまして・・・。
こう見えて、超!人見知りで
今 人と深く関わることに 少し臆病になっています。

そんな現状を打破するためにも、いいタイミング。
「自分を見つめ直す旅」と言えば ちょっとかっこ良過ぎですが
日常から離れて、
新鮮な空気をいっぱい吸い込んでこようと思います。

あ、しっかり仕事してきますよ!
大きな蚤の市もあるし
初めての蚤の市にも行く予定なので 楽しみ楽しみ。


出発までに「旅のおはなし会」を、と考えています。

詳しい日程などは、またお知らせします〜



プラハは2年振り。 やっぱり好きな街。


::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::

8/27(月)臨時休業  31(金)定休日


買い付けの旅に行くということ。


「自分で買い付けに行くんですか」
「趣味が仕事になって、楽しくていいですねー」

よく言われます・・・。


もちろん、好きなことを仕事にできているのは
ありがたいことだと思う。

でも、そうなるまでに努力もしたし犠牲もあった。
お店をしていくということは 
思い通りにならないこともあるし
辛いこともたくさんある。

会社員の時も、それはそれで大変だったけど
自営業となった今は
会社員ってつくづく守られていたなーと思う。


自分も実際そうなるまでは わからなかったし・・・。

「旅と仕事がつながったらいいな」なんて
安易な憧れがあってはじめてはみたものの
「買い付け」って、皆さんが思っているより地味だし
同じ作業のくり返し。

限られた日数&予算内で
商品になるものを見つけないと!というプレッシャーとの戦いの中
重い荷物を抱えて ひとり 半泣きになってたりするんです、実は。


でも、それならどうして 旅に出るのか。

旅先で見つけたものをお店に並べたいから。
それを見て喜んでもらったり 会話をはずませたりしたいから。

わたしは 自分の手で作品をつくることができないから
買い付けてきたものが
どんなところからやってきたのか
現地ではどういう使われ方をしていたのか
そういう背景を語れるために、買い付けの旅に出るのだと思う。

今は便利な時代なので、
わざわざ海外までいかなくても 仕入れることはできる。

でもレテンカは「まにあわせの店」じゃなくて
そういう「リアルな空気感」を伝えることができる
お店でありたいと思う。

そうやって「レテンカ」というお店をつくっていくことが
わたしの「作品づくり」なんだ、と
やっと 最近思えるようになってきた。


どうして海外?

この前フランス好きの作家Mちゃんと話をしていて
「海外って 思い通りにならないところが面白い!」という話になった。

日本語は通じないし、日本なら当たり前にできることが
外国だとできない。
そう、その「不便さ」をどう乗り越えていくかが楽しいんだ!
という結論になりました。
そして二人で「Mだね〜」とウケる  笑。



というワケで「旅のおはなし会」を します。

レテンカに並んでいるものは
どんなところからやってきたのか。

あまり込み入った内容は
「企業ヒミツ」なので ネタバレできませんが
街の紹介、文化の紹介、商品の紹介、などなど
可能な限り、お伝えしてみたいと思います。



初回は今のところ「ポーランド」で考え中。
やっぱり、アウシュビッツのことを伝えたいと思っています。

( 予定は変更になる場合がありますので、あしからず )



ポーランド・ワルシャワの街。




無事到着。

 

ウィーンからの荷物、全て届きました。
今回も行方不明にならず、無事でひと安心。



ホルンのポストマークがかわいい。
この伝票をもらうのに、四苦八苦しました。
ドイツ語訛りの強い英語で、お兄チャン何を言ってるのか
もう、さっぱりわからずでした 汗。




いつも、荷物を開ける時はヒヤヒヤします・・・。
割れていませんように。



あーっ、ぱっくり 泣。


旅手帖 更新しました。





「旅手帖」更新しました。

 

二日分、アップしています。





戻りました!

 

今回も大きなトラブルもなく、無事に旅を終えることができました。

家に戻ってから 時差ボケで寝て寝て寝て・・・。

さぁ、次はお店づくりに取りかからないと!

旅の振り返り、新店の進捗状況をお知らせしていきます!




行ってきます!

 

今回もフィンエアー。
すっかり 旅の定番になりました。

ヨーロッパの冬は経験済みですが
ウィーンはアルプス山脈からの風が強烈とのことで
寒さに強いワタシも、ちょっとビビっとります。
そして天気予報を確認すると、見事に並んだ雪マーク!
ひゃー。
カイロを倍に増やしていきます 笑。


新レテンカでいいものが並べられるよう
今回の旅も、いい出会いがありますように。


では、行って来ます!




Letenka レテンカ                                         2015年 閉店いたしました             2016年秋 移転オープンを予定しています                                                                          

Search